201902 << March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201904
18 , 2019 [ABOUT STONES]

il cielo sereno 晴れた空

Celestite
(K10 / celestite)
même si


マダガスカル産セレスタイトの枠留めピアス


和名は天青石のセレスタイト
セレスタイトも空色という意味だそう
今日の空はセレスタイト色
気持ちよい晴れ空の色

 


16 , 2019 [ABOUT STONES]

viola nelle nuvole 曇り空の紫


Rough Amethyst RIng

(K10 / amethyst)

meme si



アメシストの紫
曇り空の今日は
少しアンニュイに見える

 


14 , 2018 [ABOUT STONES]

azzurro 青



カイヤナイトの深い青
石の成分が繊維状になっていて
その線が見えるものが好きです

シンプルな枠留めのリングに仕立てて





27 , 2018 [ABOUT STONES]

Akoya pearls




Akoya pearls of Wakasa (Fukui)

アコヤパール選別中。

今回で3回目かな?になる訪問。

福井県は日本最北端のアコヤ真珠養殖地です。

福井県の中でも南にあたる嶺南地方の海は

リアス式海岸でアコヤ真珠の養殖に適しています。

 

一年に一度、こちらに伺って

パールや養殖のお話から地域のお祭り、子育ての話など

一つ一つ小さなパールを選びながら

のんびりとおしゃべりをする時間。


養殖をされている方から
直接話を伺えるのはとっても幸せなことで
いつもいつも勉強になります
今回はケシパールを中心に選ぶことにしました。

漂白や調色などをしていない 自然な色形のパールが好きです。
シミなど、色にムラがあったり形が歪だったりしますが
それが愛しさに繋がると感じるのです。

 

 

 


27 , 2018 [ABOUT STONES]

the light of May



五月の光

翠のエメラルド



25 , 2017 [ABOUT STONES]

Il giardino nella pietra 石の中の森




水晶の中に隠れた

秘密の森

豊かな森があって

小さな水晶が生えている

小さな美しい世界




02 , 2016 [ABOUT STONES]

perla giapponese 最北端のアコヤパール

 

若狭パール

 

 

 

福井県で養殖されている

 

アコヤパールは

 

日本最北端の真珠養殖場だそうです

 


 

北陸とはいえ穏やかで温暖な気候の嶺南地方。

 

豊かで美しい海に育まれたパールたちを

 

一つひとつ選んで

 

ピアスやブローチに仕立てる予定です。

 

 

 

 


10 , 2016 [ABOUT STONES]

カイヤナイトの青




カイヤナイトの青は

深く澄んだ

空とも言えず 海とも言えず

日の射さぬ地中に眠っていた

夢なのかもしれない



08 , 2016 [ABOUT STONES]

Bella melagrana 美しい柘榴の実

写真 2016-01-08 11 17 07.jpg


1月の誕生石、ガーネットの和名は柘榴石。

原石の形状が、ざくろの粒のようにつぶつぶしているのです。

色もまさに「ざくろ」ですよね。

ガーネットという名前自体も、ラテン語で『種子』という意味の"granatus"に由来するそうです。


赤い色が血をイメージさせるのでしょうか、ガーネットは免疫力を強くして身体中に活力を行き渡らせたり

持つ人のマイナスな感情を明るいエネルギーに変えてくれる、

そんな力強い意味を持つ石でもあるそう。


写真 2016-01-08 11 17 40.jpg

差し色になる美しい暗赤色のガーネット。

意味を知っていると、お守りとしても着けていたくなりますね



ウェブショップではさまざまなガーネットがあります。

イヤリングにもできるものがありますのでお気軽にご相談ください。

一覧はこちらから→


 

29 , 2015 [ABOUT STONES]

memory of ancient forest 太古の森の記憶

写真 2015-10-04 10 22 22.jpg

琥珀は、木の樹脂が長い年月をかけて化石となったもので

宝石として扱われるものの、鉱物ではありません。

さわると、石のようにひんやりとせず

普段石ばかりを扱っていると

軽さと温かみのある

ちょっと不思議な印象を受けます。


そのなかでも、バルティックアンバーは

バルト海沿岸で採れます。

それは、太古、森であったところが

深い海に沈んでいるから。

波に打ち上げられた琥珀が並ぶ

薄暗く寒いバルト海の浜辺を思い浮かべると

その琥珀に、尚更のこと温度を感じるのです。


海に沈んだ太古の森の記憶


柔らかい色と手触りに

寒い季節になるとつい手が伸びる

美しいバルティックアンバー。

 


side_tit_01news.gif

展示販売予定
2019. 3. 23 ~ 4. 14
Le petit monde de emme
dans Fuligo (→)
その後、横浜・福井と続きます

Jewelry making notes.

制作物の写真は
主にinstagram→
日々のつぶやきやたまにお知らせはtwitter→

About

profile phto
Author: emme

デザイナー。
アクセサリーづくりと日々。
ときどき紙もの。

twitter
facebook
instagram