201807 << August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >> 201809
06 , 2016 [creato, disegnato 制作]

Questi giorni1 ちかごろの製作物

写真 2017-01-15 23 43 44.jpg


アンティークレースを銀に象り、

儚く朽ちてゆくものを留める試み


左側はSV925に18金を鍍金しています。

ヴェルメイユとよばれる、フランスアンティークでよく使われた手法です

レースの模様も、こうしてみるとずいぶんと違った印象になります


 

17 , 2016 [del giorno 日々のこと]

香る琥珀

写真 2016-12-11 22 50 46.jpg


私のお気に入り、MAD et LEN (マドエレン)。

フランス、フレグランスのブランドでサン・ジュリアンという小さな村でつくられているそうです。

花や木・茎などから蒸留抽出した香りを手作業で染みこませる昔ながらの製法を用い

香料のブレンドから着香、パッケージの制作やラベルもすべて手作業で作られているんですって。



MAD et LENの商品は
シーズンごとにその時期の旬な香りを展開しており、
香りはすべて世界各地から厳選した最良の素材をもとにブレンド・調香されています。
器やパッケージはすべてオリジナルで、遮光性の高いダークネービーのガラス瓶や、
モロッコの職人がひとつひとつ手作業で作りあげた鉄製の器など、他にはない雰囲気が特徴です。
販売店WEBより

私が購入したのはアカシアの樹脂に香りを着けたもの。

写真 2016-12-11 23 37 46.jpg

まるで琥珀のよう。

琥珀は樹脂が長い年月をかけてできるのだから(前のブログで触れています)当然なのかもしれませんが。

それにしても見た目も美しく、香りも美しいのです。

ところでこのMAD et LENは、マルセル・プルーストからこの名前がついているそうです。

今年の個人的な私のテーマも、まさにその物語から。

なんだかより一層、愛着が湧くのです。

 

15 , 2016 [negozi お取扱店やウェブショップ]

Tavolo the shop --wiggie company ネットショップ



数年前、雑貨屋をしていたころに扱わせていただいていた

wiggie company(ウィギーカンパニー)の商品たち。

私が制作をするようになり、ウェブショップに移行してからも

彼女の作品を置かせていただいていたのですが

ホームページのデザインを作り直してから

wiggie companyがわかりにくくなってしまい私もモヤっとしていたので

この際、ウィギーカンパニーだけのショップを作ろうと思い立ちました。



ウィギーカンパニーは図案家として、包装紙をはじめ

さまざまな商品をつくっているのですが

一度作った図案は廃盤化してしまいます。

近くで見ていても生まれては消えていく柄が儚すぎるので

この際、過去図案も掲載しアーカイブとして見ていただけるといいなと思っています。

現在ご購入いただける柄も

3年以上前の廃盤柄がありますので(在庫僅少です)よければ是非!



今回の記事に載せている柄も過去の廃盤柄です。素敵ですよねー。

 

08 , 2016 [su pietra 石のはなし]

Bella melagrana 美しい柘榴の実

写真 2016-01-08 11 17 07.jpg


1月の誕生石、ガーネットの和名は柘榴石。

原石の形状が、ざくろの粒のようにつぶつぶしているのです。

色もまさに「ざくろ」ですよね。

ガーネットという名前自体も、ラテン語で『種子』という意味の"granatus"に由来するそうです。


赤い色が血をイメージさせるのでしょうか、ガーネットは免疫力を強くして身体中に活力を行き渡らせたり

持つ人のマイナスな感情を明るいエネルギーに変えてくれる、

そんな力強い意味を持つ石でもあるそう。


写真 2016-01-08 11 17 40.jpg

差し色になる美しい暗赤色のガーネット。

意味を知っていると、お守りとしても着けていたくなりますね



ウェブショップではさまざまなガーネットがあります。

イヤリングにもできるものがありますのでお気軽にご相談ください。

一覧はこちらから→


 

07 , 2016 [del giorno 日々のこと]

Sia il sogno それは夢

写真 2016-01-04 11 51 44.jpg


先日、山の裏で水晶がたくさん採れる、と教えてもらい

スコップ片手に発掘(というほどのこともないのですが)してきました。

昔鉱山だったというその場所では

水晶はその対象ではなく、ゴミとして裏にポイポイと捨てられていたそうで

雨上がりの日など、山の上のほうから泥と一緒に流れてくるものを

たくさん拾うことができるそうです。

実際私もたくさん集めることができて

キャーキャーいいながらたくさんの結晶を愛でることのできた夢のような1日でした。


水晶は、結晶の形が残っていて、傷(インクルージョン)のあるもののほうが好きです。

傷というよりもまるで思い出の痕、夢のかけら。



目覚めると消えてしまう、

儚い夢なのか


だれに邪魔をされようとも

自ら手放さない限り、ずっと持ち続けることができる

未来への希望の夢なのか


どちらも自分の手の中

 


side_tit_01news.gif

8月18・19日
Fuligo x karisome 出張催事に
emmeの制作物も並びます
会場;hitotsumusubi
東京都墨田区文花2-6-10
詳しくはFuligoにて

Jewelry making notes.

制作物の写真は
主にinstagram→
日々のつぶやきやたまにお知らせはtwitter→

About

profile phto
Author: emme

デザイナー。
アクセサリーづくりと日々。
ときどき紙もの。

twitter
facebook
instagram